Home / このサイトについて / 事件の概要(時系列)

事件の概要(時系列)

1990年

  • 7月6日午前8時30分、事件が発生する。
  • 10時25分、頭蓋骨粉砕骨折等による脳挫滅により死亡が確認される。
  • 7月26日兵庫県教育委員会は、校門を閉めた教諭を懲戒免職処分、当時の校長を戒告、教頭と教育長を訓告、教育次長2名を厳重注意とする処分を行う。
  • 11月16日兵庫県が女子生徒の遺族に損害賠償金6000万円を支払うことで示談が成立。

1993年

  • 2月10日神戸地方裁判所は教諭に禁固1年・執行猶予3年の有罪判決を言い渡す。
    教諭は控訴せずに有罪が確定する。

1999年

  • 7月12日最高裁第三小法廷の判決で、門扉の撤去は不当だとして工事費などの返還を求める住民訴訟で、学校側の措置を適法として住民側の訴えを棄却する判決が確定する。

ウィキペディア「神戸高塚高校校門圧死事件」より〕

スポンサーリンク