居場所はどこに?

〜 調査結果からみる、子どもたちの気になる状況

弁護士 峯本 耕治 

 例年のことですが、夏から秋にかけては教育や福祉に関しても様々な調査結果が発表されます。
 8月に厚生労働省より公表された「平成28年度児童相談所での児童虐待対応件数(速報値)」によると、全国の児童相談所(児相)が平成28年度に対応した児童虐待の件数は、前年度比18•7%(1万9292件)増の12万2578件で、過去最多となりました。調査が開始された平成2年度から26年連続で増加です。面前DV(児童が同居する家庭における配偶者に対する暴力)についての警察からの通告が急増していることが、一番の増加要因となっています。虐待の内容別では、「面前DV」やきょうだいとの差別的扱い等の「心理的虐待」が6万3187件で最も多く(全体の51•5%)、次いで「身体的虐待」が3万1927件(26%)、「ネグレクト」が2万5842件(21.1%)、「性的虐待」が1622件(1.3%)となっています。この児童相談所の対応件数とは別に、市町村(要保護児童対策地域協議会)で取り扱われたケースを含めると、年間20万件近くが児童虐待ケースとして対応がされているのではないか思われます。
 通告相談件数の増加は児童問題への意識の高まりや相談システムの改革によるところも大きいですので、一概に虐待の実数が増加していることを意味するものではありません。しかし、近年の長期間の増加傾向と私自身が過去十数年間、市町村の要保護児童対策地域協議会に関与してきた実感として、単に通告・相談として挙がってくることが増えただけでなく、実数自体がかなり増加してきていると感じています。過去10年間の変化を見ると、ネグレクト、過プレッシャーの増加と共に、DVを含めて家庭の中の暴力問題は深刻な状況になってきています。
 学校教育に関しては、10月に平成28年度「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」(速報値)が発表されました。調査結果の特徴として、①暴力行為の発生件数5万9457件(前年度5万6806件)の増加、②いじめの認知件数32万3808件(前年度22万5132件)の増加、いじめ重大事態の発生件数400件(前年度314件)の増加、③小・中における長期欠席者数20万7006人(前年度19万4898人)の増加、④このうちの不登校数の13万4398人(前年度12万5991人)の増加、⑤小・中・高から報告のあった自殺した児童生徒数244人(前年度215人)の増加等が指摘されています。
 特に、小学校における、不登校の増加と並んで、いじめ・暴力行為の増加が顕著になっていて、落ち着きの無さや切れやすさ等を含め問題行動の低年齢化が大きな特徴として指摘されるようになっています。
 他方、子どもの犯罪・非行等に関する警察庁の統計をみますと、過去10年間の非行少年等の検挙・補導人数は、平成16年以降13年連続で減少しており、28年中は3万1516人と平成19年の3分の1以下にまで減少しています。触法(14歳未満)についても7年連続で減少しています。
 子どもの数の減少率を大きく越える減少率で、実際に、私たち弁護士が付添人等として関与する少年事件の数も大幅に減っています。少年鑑別所もガラガラの状態で、児童自立支援施設の入所人数も大きく減っています。
 少年非行については、「家庭における居場所(愛情・安心・安全環境)を失ない、学校でも居場所を失った子どもが、家庭・学校の外に居場所を見いだすために出て行くことによって、非行につながる」というのが一般的な説明で、現在もその説明は一般論としては妥当性を持っていると思います。子どもは居場所を求め続けるものだからです。
 だとすると、家庭の中の虐待(ネグレクト、過プレッシャー、暴力が深刻化し)が増加し、家庭の中で居場所を失っている子どもが増加しているとすると、本来、それに比例して、学校でも居場所を失い、少年非行等が増加する可能性が高いと思われるのですが、なぜ少年非行は大きく減少し続けているのでしょうか?
 小学校における暴力や落ち着きのなさ等の問題行動の増加・低年齢化の問題は、家庭における暴力の学びと愛着課題の存在を裏付けるものであると共に、このような愛着課題や発達課題を抱えた子どもに対して、学校・教師が適切な支援・指導ができず、学校においても本来の居場所を見いだせない子どもが増加していることを示していると言ってよいと思います。
 しかし、それが非行の増加にはつながっていないのです。もちろん、それ自体は悪いことではないのですが、子どもたちは、外に出て行くエネルギーを失っているのでしょうか? 学校が、特別支援教育の整備等により、かろうじて居場所機能を果たしているのでしょうか? 以前と違ってゲームやSNS等のネット上の居場所を見いだしやすい状況にあるのでしょうか?
 そのような中で、私が大変気になる数字は、少し減り始めていた不登校が高止まりし、再び増加する傾向が見え始めてきたことと、大人の自殺は過去5年間で急減しているにもかかわらず、子どもの自殺は、子ども数の減少にもかかわらず増加していること、中高生を中心にリストカット等が増大していることです。
 私としては、反社会化より、非社会化の方が気になるのですが、どうでしょうか。

スポンサーリンク