編集後記 他

『世界人権宣言70周年企画』池谷薫監督特集


『世界人権宣言70周年企画 池谷薫監督特集

人間を撮ることで私が追い求めてきたものは、
いつも「人間の尊厳とは何か」という根源的な問いかけでした。

ー池谷 薫(映画監督 / 甲南女子大学教授)ー

 世界人権宣言が70周年を迎えるのを記念して、池谷薫監督の映画4作品(『延安の娘』『蟻の兵隊』『先祖になる』『ルンタ』)の特集上映が12月15日からシネ・ヌーヴォで開催されます。
15日(土)・16日(日)には、池谷薫監督のトークも行われます。

木島知草さんの『つぶやきカレンダー』

3月から始まる3.11を忘れないカレンダー
ひとり人形劇・がらくた座座長の木島知草さんの絵とことばが綴られたカレンダーです。
毎年、毎月、新たな発見があったり、考えさせられたり…とても素敵なカレンダーです。
〒390-0831 長野県松本市井川城 3-7-6 0263-26-3601

 いつも通信費、カンパありがとうございます。皆さまのおかげで通信発送が継続できている事に感謝いたします。今後ともよろしくお願い致します。

 今年の7月6日早朝、私は「石田僚子さんの追悼」に参加するため兵庫県立神戸高塚高校に向かって高速道路(高松道)を走り淡路島を走っていましたが大雨警報が出ていて通行止めの為引き返さねばならなくなりました。その夜中に広島・岡山・愛媛県に記録的な豪雨により一瞬のうちに町が泥と水に飲み込まれてしまいました。香川から岡山は近いのでボランティアには行きやすいですが愛媛県宇和島や大洲市は香川からでも3時間はかかります。その時以来、岡山県真備町や愛媛県宇和島市・大洲市に泥かきのボランティアに行ってます。まだまだ被災者が日常の生活を取り戻すには時間がかかりそうです。目の前だけのことにとらわれず息の長い支援をしていきたいと思います。

会計 藤田英美

 小学校参観の後、全学年の親たちが体育館に集められ、消防署から職員の方が来られて「避難」の時のことについてお話がありました。どうも学校に迎えに来るようにとのお話でした。内心(え?)と思いました。先の東北大震災の時に、それぞれ避難した学校の子どもたちは助かって、親の迎えを待っていた学校は、沢山の犠牲者を出したのでは無かったでしょうか。話は先に進み、スマホの連絡網で連絡をするとのことでした。共働きの家庭も多く、校区も広く、遠方の家庭の子どもはどうするのだろうか等、何の質問もなく講演者は最後に「朝鮮から爆弾が投下された場合もこれに準じます」というようなことを壇上から話ました。またまた我が耳を疑いました。校内放送が流れ、避難訓練が行われ、それぞれの親が迎えに来た想定で、三々五々学校を後にしました。

[と]

 「サクランボ計算『足し算』」というのをご存知でしょうか?孫、小学校1年生の参観日にたまたま出かけた時のことです。前日、先生は寝ないで模造紙いっぱいに書かれたと思うのですが、9+4=13の計算をするのに、4の下にサクランボの軸二本と○○を描いて、その中に①と③を書き入れて、1+9=10こちらはバナナの形で囲みます。バナナとサクランボのもう一つの方のサクランボ③で、答えは13となります。先生がバナナで囲むと早速、私のすぐ前の男の子が「チョコバナ!」と言いました。その後もプリントの計算を基に何回も続くのですが、先生自身もはっきり解っておられないのか、何度も言い間違いをして、訂正をし、クラスのほとんどの子は、サクランボやバナナを使わなくても計算できる様子で、先ほどの子は、プリントの空いているところに面白いいい絵を鉛筆で力いっぱい描き続けていました。学校の外は、リンゴ畑に真っ赤なリンゴがたわわに実って、このリンゴを使えば子どもたちは目を輝かせて計算するだろうにと思いました。授業の後の給食の時間に皆で分けて食べれば「引き算」も「割り算」もそして無くなれば「0」の学習でさえできたでしょうに。文科省のお達しで、どうしてもこの計算式でやらなければならないのでしょうが、子どもも先生も不自由な感じを受けました。

[か]

編 集 後 記

 阪神淡路大震災を思い返すような地震があったり、大雨が降ったり、大型台風が何度も襲ったり、地滑りがあったり、災害続きの今年でした。皆さまの所は大丈夫だったでしょうか。これから地球は、どうなるのでしょうか。不安が募ります。今年の11月、「こうべ森のようちえん」という屋外を基本に幼稚園を展開されているグループの方々と共に過ごす機会に恵まれました。雨の日も風の日も暑い日も寒い日も「外は家」と森や公園で活動されています。子どもたちも親たちも自由に伸び伸びとされていて、子どもたちの邪魔をしない。待つことをとても大切にされていました。生き生きとした子どもたち、注意力や想像力に富んだ子どもたちを見て、教育とは何だろうかと改めて考えさせられました。次回発行は6月中旬です。皆様の投稿、ご意見をお待ちしております。どうぞよいお年をお迎えください。

[所]