勝手にシネマ

勝手にシネマ『ソウォン/願い』

塩見 正道

『ソウォン/願い』(原題:소원 / 2013年 / 韓国)

 監督:イ・ジュンイク
 主演:イ・レ(娘ソウォン)、ソル・ギョング(父ドンフン)、オム・ジウォン(母ミヒ)

長田で同種の事件が起きた直後で、見るのを止めようかどうか躊躇する気持ちが非常に強かった映画ですが、見てすごく勇気づけられました。そこでこの欄で紹介することに決めました。
題名のソウォンというのは事件に遭う8歳の少女の名前です。日本語で「願い」という意味だそうです。朝、通学途中に酒に酔った男につかまり、近くの倉庫に連れ込まれ、暴行を受けます。発見されたとき少女は肛門と直腸が裂け、命の危険があると診断され、人工肛門の手術を受けて一命を取り留めます。捕まった男は酒に酔って記憶がないと主張します。韓国で2008年に実際に起きた事件の映画化です。
ソウォンの両親は共働きで忙しく、娘に構っておれません。今日もいつもと変わらぬ一日が始まった。と思っていたのに・・・頭の中が真っ白になってしまいます。二人は後悔し自分を責めます。何も手につかなくなり、夫婦のあいだで諍いが広がっていきます。怒りのやり場のない父は、犯人が極刑にならないと知ると衝動的に殺してやろうとします。
刑事裁判で被告人の権利は重視されるが、被害者の感情はどうでもいいのか。難しい問題です。
最近の日本のマスコミの動向を見ていると、被害者側の感情を絶対視し、厳罰を科することが正義であるとの流れでストーリーが組み立てられているように感じます。
しかしこの種の事件において、被害者家族の感情は容疑者が死刑になることでしか拭われないのでしょうか。あるいは死刑になれば本当に報われるのでしょうか。
犯人に対する憎しみ、復讐心は当然でしょう。しかしそれを押さえつけないのが人間的なのでしょうか。
この映画では、被害者の父はあと一歩のところで復讐心を静めます。傷ついた幼い娘が、父が犯罪者になることを身を以て防いだからです。
起こってしまったことを無かったことにすることはできない。それでも人間は生きていかなければならない。私はこの親子に人間としての勇気を感じました。
この映画では少女の同級生や、両親の職場の仲間も、被害に遭った少女の家族を勇気づけます。いわば善人ばかりのドラマ。通常は甘いと感じてしまう設定です。にもかかわらず、人間の理性の気高さを久しぶりに感じ、勇気づけられ、この方向にしか人間的未来はないと思いました。未来はこの方向に切り開いていかなければならないと思いました。
現実は、事件をきっかけとした家族崩壊という悲惨に満ちています。その弱さを誰も責められないでしょう。この映画のような結末は現実には皆無かもしれません。しかしそうであるからなおのこと、制作スタッフの願いと高い志を感じたのです。


今回から神戸映画サークルやその他でご活躍のプロの映画評論家の塩見正道さんに『勝手にシネマ』を書いて頂けることになりました。待って、待っていた甲斐がありました。

Last Updated on 2020年10月8日 by manager

続きを読む
Back to top button
Close
Close