文化

イギリス報告(その2)イギリスのスポーツ文化を支える地域クラブ

弁護士 峯本 耕治

 またもや、原稿が遅くなってしまって申し訳ありません。
 さて、今回はイギリスのスポーツ事情について、御紹介したいと思います。
 弁護士仲間では、私は「イギリスにラグビーをしに行った」というのが定説になっています。一応、きちんと勉強もしてきたつもりなので、必死になって反論するのですが、誰も聞いてくれません。
 確かに、イギリスに到着して住居が決まってから、最初にしたことは、地元のラグビーのクラブチーム探しでした。私が所属したラグビークラブはフィンチレー・ラグビー・クラブといって、住居から、徒歩約10分のところにありました。住居は、ロンドンの中心から、北に地下鉄で約30分程度でしたので、大阪で言えば、さしずめ千里中央あたりという感じです。ロンドンに来て数日後に、近所を散歩していたときに、このクラブチームを見つけ、早速、その夜から、練習に参加させてもらうことになりました。

 このクラブチームというシステムは、日本には馴染みが薄いものです。日本のスポーツは、ラグビーに限らず、高校・大学等の学校スポーツが中心で、卒業後にスポーツを真剣に続ける場合には、一般的には企業のチームに入るしかありません。
 しかし、イギリスでは、基本的に、すべてのスポーツが、クラブを中心に運営されています。このクラブは、各地域ごとに存在していて、ラグビーに関して言えば、現在イギリス全体で2000以上のクラブがあります。
 最も人気のあるサッカー(イギリスでは、フットボールと言います)については、それよりかなり多数のクラブチームがあると思われます。
 選手とプロ契約をするようなトップチームも、大企業のスポンサーがついているというだけで、すべて、このクラブチームの一つにすぎません。

 クラブのスポーツ環境は、日本人からすると、信じられないほど恵まれています。フィンチリー・ラグビークラブには、古いながらも観客スタンドのついたメイングランドと、それ以外に、3面の補助グランドがありました。
 もちろん、すべてが芝生のグランドで、ナイター設備もあります。補助グランドは、ラグビー場というより、だだっ広い芝生の原っぱに、白線を引いて、ゴールポストを立てただけという感じのものです。
 そして、ラグビークラブの横には、トップチームの試合にも使えそうな、きれいなスタジアムを持つフィンチリー・フットボールクラブがありました。
 この環境は、フィンチリーだけのものではなく、すべてのクラブチームが、数面の芝生のグランドを持っています。というより、そもそも、イギリスには、日本のような、土のラグビー場やサッカー場は存在しないのです。ロンドンの中心を少し離れれば、森に囲まれたような芝生のグランドがいたるところにあります。
 クラブのメンバーに、「日本には、大きな競技場や大きな企業のグランド以外には、芝生のグランドがなく、みんな土のグランドでラグビーをしている」と説明しますと、「ラグビーは、芝生でやるものだ」と、とても信じられない、というような顔をされました。

Last Updated on 2020年8月20日 by manager

1 2 3次のページ
続きを読む
Back to top button
Close
Close