文化

イギリスでの電車乗り越しには気をつけよう

弁護士 峯本 耕治

 またまた、私のためにニュースの発行が遅くなったようです。いつもすいません。
 数日前に、電車の中で、隣の人のスポーツ新聞を必死で覗き読みしていると、イギリスの首相であるトニー・ブレアの妻のシェリー・ブースが、ロンドンの地下鉄の「無賃乗車?で罰金を課せられた」という記事が目につきました。
 シェリー・ブースは、イギリスで最も有名な弁護士(バリスター・法廷弁護士)の一人で、とてもチャーミングな女性で、大変人気の高い人です。
 本当に無賃乗車ということなら、大きなスキャンダルなのですが、スポーツ新聞の三面記事で、しかも「?」マークつきの記事ですから、実際にはちょっとした興味本位のネタにすぎません。覗き見しただけですので、詳しい中身はわかりませんが、話の想像はつきます。おそらく、シェリーが無賃乗車防止のキャンペーンに一役買ったか、乗り越しがどうしても必要になったために覚悟の上で罰金を支払ったのかの、どちらかではないかと思います。
 イギリスに行かれたことがある方は経験があるかも知れませんが、イギリスの地下鉄や鉄道では、日本のような乗り越し後の清算が認められていません。乗車全区間の有効切符をあらかじめ購入していなければ、見つかったときには、どんな理由があっても、一律に罰金を課せられます。
 私も、最初の頃に失敗して、罰金を払わされました。下手な英語で、必死になって、やむを得ない乗り越しであることを説明したのですが、全く取り合ってもらえませんでした。日本の留学生や駐在員は、誰でも一度は経験があるのではないかと思います。
 日本では、乗り越し後の清算が当たり前のように認められています。そのため悪用しようと思えば、検札でキセル乗車が見つかっても、「降りるときに清算をするつもりであった」と言って不足分を支払えば、多くの場合、それで問題なく通ってしまいます。イギリスでは、そのようなことは、認められないわけです。
 こう聞くと、大変、杓子定規なやり方に聞こえますが、その反面、ロンドンの中心を除き、イギリスの駅には改札のない駅や改札口のチェックがない駅が多数あります。車内の検札も、めったにありません。ですから、区間によって、少し勇気?を持てば、無賃乗車は難しくありません。イギリスだけでなく、他のヨーロッパ諸国も同様で、パリやストックホルム、アムステルダム等でも、ほんの一部の中心駅を除き、改札口でのチェックがない駅がたくさんありました。その点では、大変のんびりした雰囲気があるわけです。

Last Updated on 2020年8月27日 by manager

1 2 3次のページ
続きを読む
Back to top button
Close
Close