編集後記 他

編集後記 他

十月十五日の集まりについて

 来年の集まりの講師に、藤木正三さんをお呼びしたいという声があり、お電話をしましたところ「来年まで生きているかわからない」と言うお返事でしたので、以前から強い要望もあって、急きょ今年に来て頂くことにしました。お時間のある方は、是非おいでください。
 ◯ 時間 一時〜四時
 ◯ 場所 神戸学生青年センター


藤木正三さんの紹介

 著書の『灰色の断想』の中に“人間は、灰色において、一色であります。その色分けは一人の人間においても一定ではなく、白と黒との間をゆれ動いているのであり、白といい、黒といっても、ゆれ動いている者同士の分別に過ぎません。よくみればやはりお互いに灰色であります。灰色は、明るくはありませんが暖かい色です。人生の色というべきでありましょう。”と書かれておられます。
 大病をされた後、現在は、不登校の子どもたちやその親たちの相談に東奔西走されております。


ごく私的な話

 一九九九年六月、竹田さんの個展へ行った夜遅く、ふと(石田僚子さんは、何も悪いことをしていないのに門扉に挟まれ殺された。)という思いが浮かびました。私の中では、『何も悪いことをしたことのない』人間なんていないと考えているので、なぜかなと思って来ました。
 今年に入って、皆さんから届いた原稿を文集用に打っていて、石田さんがもし生きていたら石田さんの言いたいことは「私は、何も悪いことをしていないのに殺された」ということではないだろうかと思いました。『忘れ去られている』ということが、堪え難いのではと思いました。私は、仏教徒ではないので、よくわかりませんが、去年は、石田さんが亡くなられてちょうど九年目にあたります。毎日毎日原稿を打ちながら、チラシの印刷にいたっては、朝の八時から夕方六時まで、原稿校正をしながら二台のプリンターをフル稼動して四百枚刷り上げました。誰に頼まれたわけでもないのに、いったいなぜここまでしているのだろうと自分でも分かりませんでした。
 仕事の合間には、連日新聞社の記者が取材に、広報は、他の人に頼んでいたのですが、都合が悪くなったので、受けることになりました。来てくれた記者たちには、何とか分かって欲しいので、全エネルギーを使い果たすという感じでした。思わず立ち上がって「私は、何も悪いことをしていないのに殺された」と言いそうになるのを抑えながら話しました。七月六日の日は、目を開けるのも、口を開くのもしんどいという感じで出向きました。
 七日の明け方、夢の中で石田さんが来るのを感じたので、「ごめん。できる限りのことはしたけど、あんまり集まらんと思うよ」と言うと、安らかな声で、「もういいんよ、そんなこともういいんよ」と言う声が聞こえ、明るい天に昇って行くのを感じました。胸のつかえがとれ、肩の荷がおりる気がしました。私は、この『できる限りのことはした』と言うためにこの数ヶ月やって来たのかも知れません。そんな気がします。
 八日は、安らかな気持ちで迎え、過ごすことができました。今までの私でしたら、集まった人数で成功したとか、失敗したとか評価していたでしょうが、まったくそれとは別の世界があることを教えられました。会場へ来られていた方が「新聞を見て息子と話たんよ。ひどいことしたんやな”って石田さんと同じ十五歳だった頃は、あまりできなかったけど二五になってできた」と。新聞記事やテレビを見た人達が、少しでも思い出したり、話し合ったりしてくれたとしたら、どんなにか石田さんの魂が癒されたことだろうと思います。
 このようなことを書いたら、頭おかしいんじゃないと言われそうですが、石田さんの十五歳で殺されたことを思えば、何ほどのことでもないと、最近思うようになりました。

所 (八月二四日)


読者の方からのお便り

【会員の木島知草さんからのfaxとお手紙】
 今日そちらの講演に参加したいと思って用意いたしましたが、朝方、私事ですが、ハプニングがおきて、どうしても行かれなくなってしまいました。残念ですが、後日カンパを送ります。又通信にて、今回の追悼の会のことや(講演の内容など)情報を伝えてください。
私なりに僚子さんの魂に対して少しでもできることを伝えていきたいと思っています。天国の僚子さんの魂が少しでも癒されますように・・・成功を祈っています。松本より 7.8 AM9:00 神戸に向け出発の予定でした。(ごめんなさい) 木島知草

 今、7.8(土)AM8:30です。そちらへFAX入れましたが、すぐに手紙で送ることにしました。
AM9:00松本を出発してPM1:00〜のバプテスト教会での会に参加する予定で、昨夜おそくに仕事から戻ってきました。朝7:00にTelがあり、私の家族の犬がとなりの町の道路で車にひかれそうになりながら、歩いているとの通報・・一回周ってさがしに行きましたが姿みつけられず、雨ふりの中これから再び友人にも手伝ってもらって探すことになりました。
 今回は、どうしても行きたい・・参加して私なりにじかに聞いて知って伝えてと思っていましたので、とても残念です。でも所さんを通して又通信等で受けとめさせてもらうことにしました。
 犬一匹ですが私にとって家族です。この空の下でさまよっているのを放置できません。ごめんなさいね。
ささやかですが、お花を捧げようと(7月8日出かけて行って〜)と思っていたので、その気持ちを寒波として送ります。何かに役立てて下さい。
又今回の追悼会の内容や講演の記録テープなどを作られるようでしたらぜひおくってください。私なりに伝えていきたいと思っています。
松本より成功を祈っています。木島 知草

【文集を送った方からのお便り】
 「石田僚子さん追悼十周年記念文集」をお送りくださいまして、ありがとうございました。
 最後のページまでほとんど一気に読ませていただいたのですが、その感想は「世の中には、ちゃんとものを考えようとしている人が、まだいらっしゃる!」という大きな驚きと感動でした。
 私自身が兵庫教育委員会に勤めていたということもあるのですが、文集の中で橋本幸子さんが高塚高校事件を「(起こるべくして起こった事件)」と表現されていましたが、私の経験からいうと(石田僚子さんにはたいへん申し訳ないのですが)〈今まで起こらなかったこと自体が不思議な事件〉という気さえします。
 高塚高校の門扉を撤去して新しいものと取り換えたというニュースを知ったときに、突然、私の頭の中に「リセット」という言葉が浮かびました。
市営地下鉄が名谷駅を出発するのが時刻表よりも3分遅れたばかりに、本来ならば定刻内に登校できるはずの生徒を、本人には全く責任がないにもかかわらず、ほんの数分(あるいは数秒だったかも知れないのですが)遅刻したために、教師が鉄の門扉で圧殺するという重大な事件が起こったことすらも、門扉を撤去し、新しくするという行為で「リセット」しようとする大人の行動を、同時代の多くの子供たちは大人が思っている以上に的確にとらえ、それが現在多発している少年による重大犯罪につながっているのではないかと思います。(そういえば、友が丘中学校でも同じようにしていましたね。)後略

【読者の方からのお便り】
 石田僚子さんの10周年 無事済まされたところですね、時の速さを痛感しています。 川名 紀美

 こんにちは。
 せんじつは、『記念文集』を早速送ってくださりありがとうございました。代金を納めるのをすっかり忘れておりましたが、今日郵便局で納めましたので、おしらせします。ありがとうございました。7月19日  井上 隆雄

 7月8日はごくろうさまでした。有難うございました。教会の場の雰囲気が追悼会に合っていました。ここから「平和の風をおこそう」所さんの熱いおもいが伝わる挨拶に感動しました。  橋本 幸子

 7月8日の集まりに出席させて頂き本当にありがとうございました。又、文集を送って下さり感謝です。
 今も改めて10年前の事を思い石田さんの御家族のくやしさが心にひびいて来ました。  花川 トモ子

 子どもの生きる権利のために尊いお働きを感謝します。ますます大切になって来る声を大きくしていきたいと願っています。  榎本 栄次

 所さんせんじつは、すばらしい会を本当に有難うございました。  公庄 れい

【文集を送った方からのお便り】
 編集の仕方や内容、その他、これまで少しずつ築いてきた追悼の魂が見事に好き勝手にされている。
 (という葉書といっしょに文集が返送されて来ました。他にも色々書いてありましたが、プライバシーに触れますので・・・けれども、これも少ない中での貴重な意見なので、載せました。)

文集ありがとうございました。  市野 園子

【ご協力頂いた方】
文章  峯本 耕治
写真  灰谷 政之(七月八日)
宛名  角田 美和子
印刷  佐田 宏子(ボンポアン)
会計  藤田 英美
絵   村里 野の香

【ビデオ貸し出し】
 七月八日の様子を録画したビデオテープをお貸しします。講演の全部が入っております。  録画 角田美和子
 七月六日の様子は、朝日テレビの放送録画があります。大変良くまとめてあり、高塚高校の様子もよくわかります。問い合わせは、角田さん[角田さん連絡先]連絡は、夜にお願いします。


文集について

 文集は、もともとB5で作成致しましたが、表紙のロクタ紙全紙を捨てることなく使う為に、窮屈なサイズになり、余白が少なくなっております。編集後記にも書いておりますが、ロクタ紙そのものが漉かれた紙はすべて使ってできております。切り捨て社会のこの世の中にあって、この表紙の語るものも多いかと思います。
(兵庫県立図書館、神戸市立図書館の依頼により文集を送りました。その時の手紙の一部より)


編集後記

 今まで、編集は皆さんの考えを伝えるのが役目と、あまり書かないで来ましたが、今回は、私の考えていることを沢山書かせてもらいました。意見のある方、反論のある方、どしどしお考えをお寄せ下さい。お待ちしています。
 アンケート葉書や振込用紙等なくなったのを良い機会に、会計のお金も講演等で使いきって、すべてを終了しようと思ったのですが、続けることになりました。この会は、皆さんの会費だけで運営されております。通信費を忘れている方は宜しくお願いします。通信のいらない方は、ご連絡下さい。転居される場合も、転居先を知らせて下さい。来年の七月六日は、金曜日です。次の通信は、来年一月後半になります。今後共宜しくお願いします。

(所 薫子)

続きを読む

関連記事

Back to top button
Close
Close