保育・教育

イギリスの子ども達は自信満々

弁護士 峯本 耕治

 何はさて置き、森池さん、西宮市議への当選、本当におめでとうございます。私のイギリスからの帰国歓迎会を3月にやっていただいた時に、奥さんからのお電話がきっかけとなって、出席者全員で、森池さんに立候補を勧めることになりました。その時に、事実上の立候補宣言があったと記憶しています。遅かれ早かれ、森池市議は誕生していたのでしょうが、今回の地方選での森池市議誕生の出発点になったのが、私の帰国歓迎会であったというのは、格別の喜びです。

 さて、話はコロっと変わりますが、イギリスの学校教育に関して、面白い調査結果があります。
 1992年に行なわれた調査で、11才(小学校の最終学年)と13歳(中学2年)の子どもを対象に、「自分自身の能力に対する評価」を尋ねたものですが、何と、11才の子どもの96%が「自分の能力が平均以上(大変優れている12%、平均より上43%、平均40%)であると答え、平均以下だと答えたのはわずか4%でした。この数字は、13歳の子どもについても、ほとんど変わらず、93%の子どもが平均以上と答えています。
 これをどう評価するかは別にしても、とにかく、イギリスの子ども達の自尊心の高さは相当なものです。日本で同じような調査をやった場合、どんな結果になるのでしょうか。
 では、どうして、イギリスの子どもたちは、これほど高い自尊心を持つ事ができるのでしょうか。イギリスの小学校を訪問すると、比較的簡単に、その理由がわかります。
 イギリスの小学校に一歩足を踏み入れると、日本の小学校との雰囲気の違いに驚かされます。
 建物も小さな物が多く、教室もこじんまりとしていて、普通は、大きな黒板もありません。後に紹介しますように、グループ授業が中心となっているため、それに合わせて、机と椅子が雑然と置かれています。教室の多くには、読書等のための小さなスペースが設けられていて、壁には、子どもたちの絵や作品、研究成果などが所狭しと貼ってあります。

1 2 3次のページ
続きを読む
Back to top button
Close
Close