学校事故・事件

学校に市民社会の風を〔2〕ー荒れる心をみつめてー

橋本 幸子

 昨年(1998年)12月、文部省がまとめた児童・生徒の問題行動調査によれば、全国公立小・中・高校生による「暴力行為」は約29,000件起きている。大半を占める中学校の場合約3割の学校で校内暴力が発生したことになる。実際はこの数十倍はあるだろう。
 兵庫県に限ると、対教師暴力が小学校校内で193件、中学校校内で3,074件、校外を加えると3,753件他に、生徒間暴力は小学校624件、中学校校内8,873件、校外2,186件、高校校内2,943件、校外864件、計15,496件である。器物破損も小学校476件、中学校6,113件、高校782件、計7,371件に及ぶ。
 教育の現場は昨今授業が困難になっていると知る。
 私の記憶の限りでは、教師が生徒の暴力に辟易して職場を去ったという例はなかったが昨今は荒れる生徒に苦悩して若い教師が転職したり、退職間際の教師は嫌気がさして早々と退職すると聞いている。
 荒れる生徒の特徴は集団から孤立し、“個”としてストレス発散の遊び感覚で突発的に単独行動を起こしている。しかとした反抗の目的も動機も曖昧で暴力に罪の意識も薄い。
 片や「いじめ」の蔓延する学校である。教師は「不登校生徒」にも苦悩しているが、いずれの生徒にしても学校の存在理由が分からないそんな子供を抱えて教師の努力も限界だろうと思われる。
 権威に従順な人間であることを生徒指導の目標にした学校の存在は、最早都市化や核家族化で日本の社会が大きく変容した中では価値の変換をせまられている。
 すさんだ学校現場に学校の存在価値を新しく作らなければならないと思うのだがー。

 今の子供に対する大人の意識は、大人ッポイが極度にわがままだということである。しかし子供は大人以上にデリケートな感受性と要求を持ち、自分が他者に正当に承認されない不安に応えを求めているのである。この不安に応えてくれない大人(学校)に対する人間的な抗議の要素が子供の荒れの背景にある。

 自己中心的な「個」として成長した子供らに社会の正しい作り方は分からない。だから今こそ子供らに人間は互いに異質な個々人であっても自由な同意に基づいて社会(学校)のルール作りは可能であること、このルールに即して互いに権利と義務を承認することから共感や信頼が生まれることを教えなければならないだろう。
 しかし、学力一辺倒の日本の学校教育でこうした市民育成型の教育は公的課題になり難い。子供の荒れがこのことに対する「未来の市民の抗議」と受けとめると、学校教育の意義と課題は以前にもまして大きくなっているのだが・・・。

Last Updated on 2020年8月27日 by manager

1 2次のページ
続きを読む
Back to top button
Close
Close