教育

本当の教育とは ー子供・親・教師ー

橋本 幸子

 私の教育暦は四◯年に余る。昨年三月末で短大の非常勤講師を辞退して、今は隠遁生活の身である。既に教師は卒業したつもりなのに「先生」と呼ばれるのは面はゆい。察するに教師像が染みついているのだろう。
 仕事から解放された私の日課は、二通りの新聞を丁寧に読むことである。教育に係わる記事のない日は無いので、読み捨てに出来ないのは教師の性であろうか?
 今年二月五日付新聞に「日本の家庭教育不十分さ突出」ー子どもの道徳心に疑問符ーと題し、文部省が米・欧(イギリス・ドイツ)韓と比較した調査結果を発表していた。
 内容を要約すると調査対象は小学五年生・中学二年生・日本では東京都区部の二千三百人・諸外国は都市部の子供千人前後である。
 アンケート項目で ①「弱い者を虐めないようにーと全く言わない」父親七六%・母親七◯% ②「友だちと仲良くしなさいと全く云わない」父親八一%・母親七◯% ③友人関係の調査で いじめを注意したり、友達の喧嘩を止めさせたことがあるーは他の四カ国に比べると半分程度である。家事も余り手伝っていない。
 思うに文部省がこの期に家庭教育の実態を発表した意図は 続発する学校関連の残忍きわまる事件の背景に 家庭教育の空洞化があると云いたげである。
 確かに親の教育力は落ちた。頑固親父の影は薄い。しかし私は“躾”が不十分という前に 親が子供に深くかかわれなくなっているとみる。友達同士のような親子関係が広がっている。一見うまくいっているように見えるが表面的な関係である。
 子供が成長過程で求める親の映像は 優しさと同時に共生・共栄して生きるためのモラルに厳しい親の姿であり時には激しく、自信をもって子供を叱責出来る威厳のある親ではなかろうか。
 私の子供の頃を思い出してみると 父母の世代の子育ては 地域社会から疎外されないように心を砕いたように思う。
 私の世代は夫が早逝したこともあって 戦後高度経済成長期の成金ブームの埒外で唯々平穏無事に勤められたら良いとして、子供の自立自助を期待する姿勢で接した。片や子供の世代をみるに少子化が進み、子供の勉強に関わって干渉が私の世代よりも強い。
 親の子に対する教育の有様は 自分が最も苦労した生活経験を子供が繰り返さぬように意見する。それを“躾”と云うのであって“恥を知れ”とよく云われたし、礼儀作法に厳しかった。
 家庭内に施ける親の教育力が弱くなったのは事実である。然し二月七日付の新聞の「きょういく2000」の記事に二人の主婦の投書があった。一人の主婦は学校行事である卒業式に対する干渉で、四角四面の子供にとっては退屈な卒業式ではなくて 子供の歌いたい歌を歌わせたらどうか?というもの、 今一人の主婦は学校給食について、堺市のO157事件で衝撃を受けたはずの給食施設の衛生面の不備に対して物申す記事である。
 神戸市議団ニュースによれば 神戸市の学校給食が民間委託に切り替えられそうである。その理由はコスト削減だという。
 選択の余地なく強制される給食の共同調理場で汚染があればどうなるか、学校不信・行政不信の親が義務感での訴えである。
 以前のPTAは学校に遠慮なく文句の言える状況ではなかったことを思うと、親も変ると、頼もしく思った。この親の力が民主的な学校教育を目指す教師の激励とささえになることは間違いない。

 四◯年余の教師生活の懐古は悲喜こもごもである。飲酒・喫煙・暴走族・集団喧嘩・不倫等々。その度に処分の職員会議が夜遅くまで繰り返される。揚句には職員室、校長室が焼けた。
 ただ昨今のナイフを所持して命を狙うような子供はいなかった。子供はスリルを楽しんでいるようで 教師にも余裕があった。これは当時と現代とのマスメディアの世界の違いであろうか、今のような不安感はなかった。

 祖先崇拝から忠君愛国、戦後の民主教育から今また“日の丸・君が代”の法制化で現場の教師は押しつけられても拒否不能になってゆく。教育するという意義、内容が時代と社会事情を背景に推移する中で、本当の教育とは何なのか、子供の荒れ、子供の不登校、戦慄するような殺傷事件等々により 子供と親と教師が互いに責任を転嫁して対立させられている今、じっくりお互いの事情を受けとめ知恵を出しあって行くことだ。
 私は喜寿も過ぎて振り返って教師をしたことを肯定するようになった。専門教科では無い総合学習として実践を重視する家庭科には常に不満と疑義があった。それをカバーするために私は文部省の指導要領を超えた今日的課題を授業に取り込む工夫をして、心の償いにしてきた経緯を憶う。幸いなことに大学進学の枠に填った学校ではなかったので他教科の教師の協力も得られた。文部省の役人が「生活者」という言葉さえ嫌悪していた時代に 男女共修の家庭科を主張し、「気狂いだ」と決めつけられたりした。
 当時授業のモデルがあるわけではない。戸惑いながら試行錯誤し 生徒と一緒に泣き笑いながら続けた基礎学力の実践の場としての家庭科の総合学習が 生徒の人間形成にどれだけ役立ったかは分からない。
 ただ 当時私が共に学んだ生徒たちが毎年正月に集ってもう四◯回に及ぶ。先生が生きている間は続けると聞けば教師名利につきるのである。
 家庭科の教師として、私は父親の亡い子供を育てながら「家族の愛」を語り続けた。
教えるということは希望と夢を語ること学ぶということは 誠実を胸に刻むこと といったのは詩人アラゴンであった。
 教師の一言が生徒の心に釘を刺したり、教師が生徒に励まされることも暫々だった。思うに人と人の触れあいの中に芽生える人間らしさが心を通じさせる。教育の原点は通じ合う心にある。この当たり前のことをしみじみ懐かしむ。
 本当の教育とは 子供の感性が磨かれて 自分の力で考え感じ自立出来る誠実な人間を育成する仕事であり、教育された子供たちは日本の未来そのものになるだろうと願う。

二◯◯◯年 二月一六日

スポンサーリンク
Show More

Related Articles

Back to top button
Close
Close