ガン様こんにちは

ガン様こんにちは5

匿名希望

2005年8月14日

8/2 放射線1回目:位置決めやマーキング、撮影で時間がかかる放射線は2箇所約1分
8/3 放射線2回目:受付から放射線照射、会計で25分。病院が近くて毎日でも休み時間内。
8/4 放射線3回目:その度ごとにマーキング。
8/5 放射線4回目:照射角度は毎回印の所を技師が目で確認しているがアナログな気がする。
8/8 放射線5回目:そのくらいの精密度でいいのだろうか?疑問。
8/9 放射線6回目:放射線科診察乳房の大きさにより放射線角度大、肺炎の症状出る事も。
8/10 放射線7回目:外科診察抗治療後の白髪や縮れ毛も副作用の一つとのこと。写真撮影。
8/11 放射線8回目:明日からお盆休みなので再度マーキング。金土日だけが休み
8/14 午前0時ごろから右肺が痛い。朝になっても右側に違和感がある。大丈夫だろうか。
8/15 放射線9回目:早速不安を訴える。医師不在の為、明後日診察。痛みは少しまし。
8/16 放射線10回目:技師の方が電話で医師に問い合わせていてくれ、心配ないとのこと。
8/17 放射線11回目:医師より放射線の影響でなく外科治療の痛みとの説明を受ける。
8/18 放射線12回目:放射線の痛みが出るとしたら2,3ヶ月後とのこと
         それを訊いて一安心。何事も専門家の説明を受けることが大切か。
8/19 放射線13回目
8/20 休みの日はできるだけごろごろぐうたらに過ごすよう努力?!午後は仕事。
8/21 今日も仕事。体力調整が大切。髪は三部刈状態。
8/22 放射線14回目:毎回2箇所の放射線を8時50頃受け、その足で出勤。
8/23 放射線15回目:朝は入院患者さんが数名いらして、同じ顔を見かける。
8/24 放射線16回目:外科診察午後、放射線、放射線診察も午後に便宜を図ってくれる。
8/25 放射線17回目:診察の結果、経過は良好。放射線による皮膚障害も少ないとのこと。
8/26 放射線18回目:痛みは無くなったが、相変わらず身体がだるい。
8/27 2週間ぶりに休日。ともかく身体を休める。
8/28 だらだら、ごろごろ、五分刈状態。ほとんど無帽で外出。自宅ではバンダナも無し。
8/29 放射線19回目:皮膚のただれも無く、少し黒くなっているだけ。
8/30 放射線20回目:後もう少し。
8/31 放射線21回目:休まずとりあえずここまで来た。写真撮影。
9/1 放射線22回目:身体は益々だるい。
9/2 放射線23回目:頭もぼうっとしている。
9/3 休み。ともかく身体を横にする。
9/4 何とか休みに体力調整をする。
9/5 放射線24回目:後一回!
9/6 放射線25回目:とうとう50回放射線が終了した。
9/7 外科診察:体がだるいことを訴えたら
  「薬の副作用かもしれない。放射線終了後2週間内の1週間ぐらいなら薬を止めても大丈夫」
  「ホンマですか?それで再発とかなりません?」
  「2,3日様子見てそれでもきつかったら止めてごらん。そのくらい大丈夫だから」
  「いや、やっぱり止めときます」
  「様子見てきつかったら1週間ぐらいなら大丈夫」
9/8 昨日はあんなこと言ってたけど今朝は飲むのをやめる。アリミデックス1錠。
9/9 今日も止めておく。昼頃からスッキリしてくる。仕事の関係上明日も止める。
9/10 仕事終了。夕方に1錠飲む。
9/11 休み。休みは休む。
9/12 薬を飲み始めるとやはり身体がだるい。
9/13 薬との相関がありそうなので、医師の助言のとおり後4日分をうまく調整しよう。
9/14 この薬はいったい何時まで飲まなくてはならないのか今度聞いてみよう。
9/15 薬を飲むとやっぱり、ぼんやりして気力が出ない。
9/16 気力が出ない。
9/17 飲むのを止める。
9/18 飲むのを止めて、2日目ぐらいになると気力が出てくる。仕事。
9/19 休みだけど仕事。終了後薬を飲む。1週間は大丈夫と言われたけれど6日にしておく。薬とも縁の切れない生活だろうけれど、上手に付き合うことが大切なことを今回知った。健康管理というか、自分の身体の具合を遠慮なく医師に訴えることも大切。
9/21 涼しくなって来たせいか、元気になってきた。体の中のもやが晴れていくような感じ。この調子が続くことを望む。
9/23 近所の墓苑まで墓参りに行く。着いたら息切れがする。体力が落ちているのを実感。

Tags
続きを読む
Back to top button
Close
Close