ガン様こんにちは

ガン様こんにちは6

匿名希望

2005年4月8日

 抗癌治療終了後からしだいに生えていた頭髪。今はもう帽子もバンダナも無しでも闊歩できる?!ようになったと本人は思っています。
 8月10日の診察の時、暑いこともあって、何にも被らずに日傘だけをさして行きました。診察になって医師が
医「ほーう、何も被ってなくて、誰も見ませんか?」
私「ええ、昨日もこの格好で町を歩きましたけど、変ですかぁ?」
医「う~ん、まだちょっと早いかなぁ~」
私「そうですかぁ。センセ髪が生えてきたのはいいんですが白髪なんですよね」
医「ああ、それは抗癌治療の副作用のひとつなんです。縮れ毛も」
私「えーっ、そうなんですか。それは聞いてませんでした。そうなんですか」(ショック)
 帰り際に、
医「いえいえ、よくお似合いですよ」(無理に言わせてしまったかな?)
次の日からまたバンダナを被ったり帽子を被ったりちょっと素直に助言を実行。

 8月24日の診察の時は、帽子を被っていて、診察室で帽子をぬいで頭髪状況報告がてら。
私「3回目の抗癌治療ぐらいから生理が突然止まったんですが、このままですか?」
医「う~ん◯さん何歳やったかね」カルテを見ながら「この年齢やったらそういうことも」
私「そうですか」
医「寂しいですかね。患者さんはよく言うけどね」
私「う~ん。どうでしょうかね。薬が変わるとか前言われていたので」
寂しいというのとはビミョウに違うけれど突然となると心の準備とおいうか、買い置きもあるし勿体無いことをしたなぁ~・・とか・・そんな問題じゃなーい!!ですって?

 9月7日の診察でアリミデックッスを飲むのを少し休んでもいいと言われ必要に応じて6日飲むのを休みました。インターネットで調べてみると副作用は少ないように書いてありました。今までほとんど薬を飲んで来なかったので、反応が強いのか?気の持ちよう?か。今となってはわからないけれど涼しくなって大分元気にはなって来ました。熱帯夜の冷房のせいかもしれないと思ってみたり。今まで元気だけが取り柄の元気印で来たので、協調というか、受容というか自分の体、体調、体力と私とが納得いけてないのかも知れません。筋力が落ちているのも事実。肺活量も落ちているように感じます。
 体力が無くなった。体が弱くなった。無理ができない。など等、時と場合に応じて印籠のごとくかざして、これからは楽な生き方ができるかなと思ってます。後はバスや電車の席にいつでも座れるように。心配しないでも「おばあさんどうぞ」その日も近いかな?!

Tags
Show More

Related Articles

Back to top button
Close
Close