事件の要因

石田僚子さんは犠牲者であった

高橋 智子(元高塚高校教員)

 高塚高校校門事件は、今だったら検証委員会を立ち上げ、委員による検証が終われば報告書が発表される事件であった。神戸東須磨小学校イジメ事件は、市が設置した第三者委員会のヒアリングが始まっているようだ。
 “週刊文春”の取材によれば、イジメが横行する校内環境が醸成された責任は、A前校長にあるらしいとのこと。神戸市幹部も“週刊文春”の取材に『正直、一連の問題に関する責任の度合いについては、現在の仁王美貴校長よりもA前校長の方がはるかに大きいと思っている』と語ったとのこと。地元のマスコミ関係者によると『第三者委員会は11月中旬の土日を目途に中間報告を行い、年内には最終報告を行う予定。(中略)今後は、彼らのイジメを見逃し、自身もパワハラ行為があったとされるA前校長も懲戒処分の対象となるかどうかが焦点になりそうです』とのこと。
 校門事件の時は、兵庫県教育委員会が早々と『一生徒と一教員の問題だ』とマスコミを通じて公表した。『県教委は関係ありません』と言いたかったのであろう。しかし、毎日高塚高校で生徒と向き合っていた教員である私には、県教委の責任逃れとしか見えなかった。
 東須磨小の事件は校長に責任を取らせればすむが、校門事件は校長に責任を取らせればすむような問題ではなかったからだ。三十年後の今からでも検証してほしいことがある。

一、施設・設備が法令に即していたか。

三十年前を思い出して見ると、以下の事が浮かぶ。

  • 教室:机間が狭く巡視できず。教室には机が47並んでいた。両端の窓側に6つずつ、その間に7つずつ5列並んでいた。教室の数も足らず、特別教室は全て普通の教室として使っていた。
  • 運動場:体育館を使っても体育の時間割を組むのが大変と体育の教師が言っていた。放課後の部活動も思うようにできなかった。陸上部だけでも100人を超える部員がいた。槍投げの練習をしていて見物していた生徒の肩に槍が刺さった事件もあった。テニスコートは運動場とは別の場所に四面しかなかった。一年生は毎日走るばかりの練習で、それに嫌気がさして退部する生徒がいたようだ。
  • 体育館:一年生は卒業式の日は休み。保護者が出席するので体育館に入りきれないためである。夏の全校集会では、二人か三人は倒れる生徒がいて保健室に運んでいた。体育館はとても暑く、満杯になっていた。
  • プール:男子は全員プールの横で着替えていた。女子は家から水着を着てくる生徒やトイレで着替えている生徒がいた。遅刻したら水着を着たまま運動場を走らされた。プールの水が汚れるので、塩素が出る物質をよく投げ入れていると体育の教師から聞いた。水泳の後、目を赤くしている生徒がいた。
  • 廊下:10分の休み時間は廊下が生徒でいっぱいになり、なかなか歩けなかった。休憩時間にたばこを吸いたい教師はベルが鳴る少し前に授業を終わり、さっと廊下に出て職員室に帰っていたそうだ。(本人から聞いた)
  • 道路:通学時間帯は西神中央駅から学校までの歩道が生徒でいっぱいになり、生徒以外の人が通れず、苦情の電話が学校によくかかってきた。

Last Updated on 2020年9月4日 by manager

1 2 3 4次のページ
Tags
続きを読む
Back to top button
Close
Close