追悼集会

石田僚子さん追悼第8回集会

 石田僚子さん追悼の第8回の集会が98年7月5日、六甲の学生青年センターで行われた。一参加者として感想をといわれこれを記します。雑ぱくの憾みはお許しいただいて、もしも詳細を知りたい方は編集の所さんなり曽我さんに聞いていただければ当方気が楽です。
 最初はのむらあきさんとおおまきちまきさんの歌、のむらさんのマンドセロとちまきさんの声は違う国の人のこころも打つだろうと思った。
 今回はわかものたちからのめっせーじ(風の子事件を考える姫路市民の会)の中島敏子さんを囲んでということでしたが一緒に参加を予定していた風の子事件で亡くなった西川辰彦君の友人たちは残念ながら都合がつかず参加出来ませんでした。彼、彼女たちはもう22歳、(わかものたちとこう呼ぶ主催者は私たちがお年寄りの集まりだと自認しているからで、彼らと会うのは後日姫路の方にこちらから行くという予定だそうです。)
 それで急遽してもらったこの会のわかものの曽我冬さんと曽我弾さんからの話。のむらあきさんの即興演奏とその合間合間の話。淡々とした山田さんの司会。曽我さんの話、その他の人たちの話。それから中島さんの話、中島さんの話で印象に残ったことは、風の子学園事件で、このことを考えいろいろかかわっていくなかで、殺された西川君の友人たちとの出会いがあって、彼らはツッパリだったけれどそんなことぜんぜん関係なくて、自分も彼らもいろいろ話し合ったり悩んだりしてきて今があること。彼らとの関係のなかで友達とかいろいろ大切なものを互いに学んだしこれからもそれを守りたい。そして小佐木島のコンテナに一緒にお参りした時の西川君を思う彼らのやさしさなどを話してくれた。また西川君が学園からお母さんに宛てた手紙の中で、罰として何度かコンテナへ監禁された時、後で一緒に殺されたNさんが、西川君が監禁されているコンテナに心配して様子を見に来てくれて、それは規則違反なんだけれど、こういうことが本当の友達っていうんだよねというような手紙の内容だったと中島さんは手紙の文章を空で話してくれた。

Last Updated on 2020年8月25日 by manager

1 2 3次のページ
続きを読む
Back to top button
Close
Close