門前追悼

石田僚子さん追悼10周年記念特集

所 薫子

2000年7月6日門前追悼7月6日 (木) 晴天 朝から太陽が照り付けとても暑い朝でした。
高塚高校の前は、投稿する学生と、門前追悼に集まった人、報道関係者、校門指導をする教師で、ごったがえしていました。
校門前は、未だモニュメントはありませんが、曽我さんや竹田さん他朝早くから準備された方々によって毎年のように、美しく飾られました。東京でシンガーソングライターをされている方は、この季節になると僚子さんのことを路上で伝えながら歌われ、その時カンパしてもらったお金で、カーネーション1200本を持って来て下さいました。
写真右下に見えますのは、竹田さんが去年の個展に創られた「RYOKO」です。こぶしを握り締めて立つ姿は、僚子さんをまったく知らない私ですが、僚子さんのような気がしました。午前8時30分黙祷を捧げた後、それぞれの人が、それぞれの思いを話しました。集まった人が20人、報道関係が40人「新聞記者が偉いんじゃない!」とか「記者クラブを解体しろ!」等罵声が飛び交い、もう1つの会(神戸高塚高校事件を考える会)の人が準備も片付けもしない前で平気で話をし続けたり、「へいへい、魂のない文章書かしてもらいまっさ」という記者のぼやきが聞こえたり、僚子さんは、この光景をどのような気持ちで観ていたことでしょう。「来年からは、門前追悼も止める!」という発言もあったり。「僚子さん、続けるからね」と心で祈ったことでした。

1 2 3次のページ
続きを読む
Back to top button
Close
Close