校門改修公金支出賠償請求訴訟

裁判の傍聴をして

門扉裁判を担って下さる弁護士のみなさんに感謝とエールを送ります。
石田僚子さんを悼む心から出発した教育への問いかけは親である私達が本気で学校にどうあってほしいのかを自問する事でもあります。裁判はその事を考える大切なきっかけであり、今後も支援していきたいと思います。

藤田


高塚高校裁判を傍聴して

 私は公開審理の日は殆ど傍聴してきた。神戸地裁で敗訴し大阪高裁に控訴してからも仮設から通った。
 裁判には無知・無縁であり裁判所は怖ろしい処で裁判をする人は異端者だというほどの認識しかなかった私が何故こうも熱心に傍聴にひきつけられたのだろう。
 私の仕事は教師でした。教師の使命は子供の命を守り育てるはずです。にもかかわらずその教師が罪もない女生徒を門扉で挟んで殺してしまった事件でした。許せないという怒りと何故こんなむごいことが起きたのか一教師の過失だけではすまされない事件の背後にある管理教育の真相を正さなければ、殺された石田僚子さんは浮かばれないというおもいが裁判に期待をかけたのです。
 法廷は当事者にとっては真剣勝負の場です。この時傍聴人の有無は裁判官の心証に影響し少くとも簡単に片付ける(裁判所はおろすといいます)わけにはいかず優秀な弁護団の〝力〟もあづかって、結審後の判決言渡し日が3回も延長しました。
 ただ行政相手の訴訟は敗訴が常で権力に対する市民の正義は通りませんでした。裁判所に対する失望をバネにして、これからも戦をつづけたいと思うことです。

橋本 幸子


神戸の裁判所 これは問題なく行けた。
弁護士さんたちの弁論はすばらしかった。裁判ものの映画を見ているようで胸がスカッとした。
大阪の裁判所 これは着くまでが大変だった。まず大阪駅でウロウロ 御堂筋線で1番前に乗って淀屋橋でウロウロ 裁判所に着いてエレベーターで8Fへ「ない!!」「別館?」自慢じゃないが私はこういう建物の中は弱いんだ。
やっとゼイゼイと時間ギリギリで着いて「今度こそ!!」ドアを「パッ!!」と開けたら向こうで皆が(こっちこっち)と手招きをしている。「??」な、なんとそこは弁護士さん用の入口でした。
毎度毎度そんなことを繰り返して やっとスムーズに着けるようになったら大阪のは終わりました。
裁判の時間のかかること。判決のなんと短いこと。事実がどんなに沢山そろっていても行政には今のところ勝てないこと等々、色々勉強になりました。
昨夜ビデオで “ライアーライアー” を見たけどあんなふうに行政側の弁護士がウソをつけなくなったらいいのになぁー

所 かおる


出会いが楽しみ裁判傍聴

折口 恵子

 裁判は、いつも書類のやりとりで5分以内ぐらいであっけなく終わってしまいます。それでも傍聴に行けば、少しでも裁判官への圧力になるかな?と思って参加していました。後の弁護士の方からの説明で、今日の裁判の内容を知る、という具合です。私が印象に残っているのは、責任者である校長が次々と転任していき、事件の真相を覆い隠すには好都合であるとする学校側。しかし、管理教育を推し進める教育委員会にこそその責任の所在を求めるべきことなのです。最近のニュースでは総合教育・ゆとりのある教育と文部省が柔軟な方針を出してきていますが、どうなるのでしょうか?
 それから、傍聴後の参加者の交流会?は、いつも楽しみにしていました。傍聴に行って色んな人達と出会えたのも収穫です。これからもニュース楽しみにしています。

前のページ 1 2
続きを読む
Back to top button