校門改修公金支出賠償請求訴訟

兵庫県立神戸高塚高等学校校門改修公金支出賠償請求訴訟 所薫子さん陳述書

所 薫子

 私は、中学生と高校生の子どもを持つ母親です。高塚高校の事件が起きました時に他人事ではない思いでニュースを耳にいたしました。
 事件が起きました当初は、マスコミ報道も激しく、騒々しく、その場所に行くことができませんでしたが、三ヶ月ほど後に参りました。初めてということもあって、駅から学校まで随分遠く感じられました。この道を、僚子さんは遅れまいとして走って行かれたのかと思うと、胸がいっぱいになりました。
 門の前に着きますと、レンガタイルが一面に敷かれていて、美しく、新しい学校という印象を受けました。けれど、その印象とは不釣り合いに、大きく真黒な門扉が目に入りました。手で押してみますと簡単にスルスルと動き出しました。目で見た感じよりも、ずっと軽く、片手の数本の指で動くという感じでした。これを大人の人が、両手で力一杯押せば、どういう結果になるのか恐ろしい思いがいたしました。
 次にそこへ参りましたのは冬休みで、家族皆で参りました。子どもに僚子さんの亡くなった門扉に触れさせ、人間はいつ何時、その様な間違いをやってしまうやも知れない存在であることを知ってもらいたいと思ったからです。ところがそこへ行きますと、すべてトタン板で覆われておりました。それはおよそ教育の場とは思われぬ光景で、生徒たちへの配慮も何も感じられず、冷たく、全てを拒否しているように感じました。その時、そのトタン板の覆いの中が門扉だけを残して破壊しつくされていようとは、山田弁護士より写真を見せて頂くまで、想像もつきませんでした。
 僚子さんが亡くなられたのは、門扉やその周辺に問題があったのでしょうか。もし欠陥があったとしたら全国の同じ造りの門扉は取り替えなければならないでしょう。でも、そのようなニュースは耳にしておりません。
 この門扉や元の周辺の設計や工事をされた方々は、どのような思いで壊された事実を聞かれたことでしょう。コンクリート打ちのままよりは、レンガタイルにすれば、暖かく、美しい感じが致します。造る時には、学生にとってこれが最善で最も美しいだろうと造られたことでしょう。おそらく、予算も手間もコンクリート打ちのままより数倍かかったことでしょう。それが、まさか十年もたたない内に壊されようとは、誰も考えてもみなかったでしょう。
 「教育」とはそもそも、育み、生み出し、引き出すことで、「破壊」とは相入れぬように思いますが、僚子さんの死はそれらを全て犯してでもかき消さなければならない事実だったのでしょうか。
 この一連の成り行きを外から見ておりますと、門扉が悪いと縄で縛り上げ死刑に架けるという、イソップ物語のようなものを思い浮かべ滑稽さを禁じ得ないのですが、そのように思うのは私だけでしょうか。
 これらの行方を内側から見ていた学生たちは、どの様な思いで見つめていたのでしょうか、それとも、現在の教育はそういうことにも、無感動、無関心な人間を創っているのでしょうか。

1 2次ページへ
続きを読む

関連記事

Back to top button
Close
Close