生活

粗食で生き返る

柴山 耕三郎

Ⅰ 序

 年を取ると多くの人が身体のどこかしこで大なり小なり不具合が生じてきて、バランスの取れた良い食事をとることで体調を維持し、病気にならないようにしようと思う。ところで、皆さんはバランスの良い食事とはどういう食事を指すと思われるであろうか。
 肉ばかりや魚ばかりを食べないで肉や魚の他にスープやみそ汁などの汁物と野菜を適度に食べることが偏らない食事で、健康を保つためには、これは必須のことと思っておられることであろう。
 ところがこの考え方に抜本的な変更を迫る生き方が、世界中には至る所にある。例えば、カナダ北部やグリーンランドには日本人に近いモンゴロイド系民族であるイヌイット(エスキモー)が住んでいるが、気温が-40°Cもあるため彼らは野菜などは一切食べることが出来ず、一年中アザラシやセイウチなどの海獣の生肉を主食にして生きている。
 また、ニューギニア高地人の主食はタロイモ(里芋)で、狩猟による動物性蛋白質などは殆ど取らないで毎日を生活しているが、健康で筋肉隆々とした人が多いことが分かっている。
 これらの事実を知ると、我々が言うバランスのとれた食事が健康を保つ上で必須であるという概念にも再考を迫られる。つまり、イヌイットが住むような零下40°Cにもなるようなところでは、アザラシなどを仕留めたら、最初に肝臓や腸、腎臓などの内臓をまず食べて、その他の肉は放っておく。すると零下40°Cの世界なので肉は直ぐ凍ることになり、後でそれを削って食べるのである。このように内臓を含めてアザラシなどの肉を丸ごと食べている。
 また、昔米がとれずに、そばを朝昼晩食べていた地域があるが、そういうところのそばの食べ方は全部同じである。そばの殻を取ったら、それを丸ごと粉にして食べる。丸ごと使った粉で打ったそばは、黒くて太くて食べたらぼそぼそという感じになるが、精製度を上げた今のそばと違って栄養価が高く主食になる。
 これらの事から、何が分かるか。
 人間は住んでいるところでとれる旬のものを食べるのが、一番良いのではないかという考えが出てくる。地産地消である。もう一つは、丸ごと食べるということである。
 ところが、交易が発達した現代になると、世界中から特色あるいろんな食べ物が輸入される世の中になった。これらの食べ物は遠くから運ぶので、腐らないようにする必要があった。特に肉などの動物性蛋白質は腐ると食べることが出来なくなるので、ハムや腸詰なども含め、長持ちするように工夫がなされるうえ、防腐剤をはじめとする腐りにくくするための食品添加物などが施されている。しかしこれらの食品添加物は、我々の健康にとって悪影響を与えることが分かっており、できるだけ少なくする必要がある。
 以上の前準備を踏まえて、なぜ粗食が身体に良いのか主に幕内秀夫(1)~(4)の著作に則り述べる。

1 2 3 4次のページ
続きを読む
Back to top button
Close
Close