石田僚子さん追悼10周年記念文集

少女・15歳から17歳・少年まで

ー子どもたちを取り囲む社会空間の歪みー

森池 豊武

 教育・指導の名の下に、教師によって15歳の命が断たれた「神戸高塚高校校門圧死事件」から10年。毎年続けてきた門前追悼・校門改修をめぐる住民監査請求・最高裁まで争った「門扉裁判」・兵庫の教育を考える集会・石田僚子さん追悼集会などを通じて、わたしたちが問い続けてきたことは「兵庫の教育」「日本の教育」の崩壊した現状であり、人をも殺してしまう「学校という制度」とはいかなるものであり、このような学校を新たに再生させる道筋とは何であるかと言うことであった。全国民に衝撃を与えた「校門圧死」事件は、高塚高校に代表される学校現場の日常がいかに異常であるかを明るみに出した。遅刻指導をより強化するため230kgの鉄製門扉を8時30分の予鈴の鳴り始めで閉じ、遅刻者とそうでない者を峻別することがマニュアル化され、組織として忠実に実行し、生徒が挟まれると言うケースがあったにもかかわらず、日常業務として遂行し続ける愚行のはてに惨劇が起こった。詳細に定められた遅刻指導の手順、ペナルティーとしての運動場2周、学校生活の細部にわたる校則、罰則による管理主義、「生徒指導体制の強化」を求める教育委員会、校長権限の強化、形骸化した職員会議、管理された教員による生徒管理の徹底、病理化・狂気化している学校への父母の無関心等々の総体が事件を引き起こしたのである。
 あれから10年、高塚高校は、「兵庫の教育」は、「日本の教育」はどのように変わったのだろうか。高塚高校では、鉄製門扉はアルミ製に変わり、登校時刻が5分延長され、校則が少し緩和された。校長は目まぐるしく入れ替わり、事件当時の教員はほとんどいなくなった。生徒は3回入れ替わったが、学校の規模も学級数もほとんど変わっていない(1,547人、33学級から1,229人、31学級)。批判の的であった管理主義教育はふたたび蘇り、校門指導も変わらず行われている。兵庫では教育事件が続発し止まることがない。91年3月県立農業高校入試改ざん事件、91年3月市立尼崎高校入学拒否事件、91年7月風の子学園監禁致死事件、94年9月龍野市教員暴行少年自殺事件、96年1月県立神戸商業高校生いじめ自殺事件、96年2月県立吉川高校生殺人事件、97年5月神戸連続児童殺傷事件、98年8月高砂市立竜山中部活体罰事件等々。これらの事件以外にも数多くの教育事件があり、表面化していないものを含めると膨大な数になると思われる。事件が起きるたびに、教育委員会は通達を出し、「いのちを大切に」「心の教育」を進めようとのべ、対処療法的なイベント「トライやるウイーク」等を行い自画自賛するのみである。小・中・高あわせて4万校、160万人が日々通っている学校の現状はどうであろうか。不登校13万人、高校中途退学11万人、いじめ発生件数3万6千件、校内暴力・対教師暴力の著しい増加、体罰の横行、深刻化する学級崩壊、著しい学力低下等々の現象は、一言で言えば「学校の崩壊現象」であり、日本の教育システムそのものが機能していないことをわたしたちに突きつけている。

1 2 3次のページ
続きを読む
Back to top button
Close
Close