石田僚子さん追悼10周年記念文集

あの日のことは忘れない!

入江 一恵

 あの衝撃、無念、こんなことがあっていいのかと激しい憤りにおそわれたひから10年。今あらためてこの事件の重みをかみしめています。自分がかって高校教師だったということ。生徒指導の内実を知っているだけに、私は加害者のひとりではないかと心がさいなまれました。新聞のスクラップをファイルしたり夢中でした。事件のその後を知りたいと森池さんから記録を借りて読んでいくうちにこの事件を人びとの記憶から消し去るためのあらゆる手だてが仕組まれていることを知りました。
 その頂点門扉撤去の日、雨の中ハンストを続けていた曽我さんの姿が今なお鮮烈に焼きついて消えません。
 「子どもの権利条約」が施行されても、子どもたちはますます息苦しくSOSを発し続けています。尊いいのちが奪われた僚子さんが安らかに眠れる日はまだまだ・・・という感じを強くしますが、子どもたちに明日があることを信じて何かをやりたいと思います。

続きを読む
Back to top button
Close
Close