石田僚子さん追悼10周年記念文集

JUMP

 僕は昨年「神田 修作」さんと集会で演奏させてもらった矢谷と言います。
10年前、石田さんの事件があった当時、僕は高校の教師をしていた友人と、バンドを組んで活動していました。
ある日、彼が書いた詞に曲をつけることになって、詞を渡されました。
その詞がこの高塚高校の事件についてのものだったのです。
もしよければ、その詞を一言メッセージのかわりに載せてやってください。

2000 6 11 矢谷 智克

JUMP

詞 水埜 正彦

知らなかったのかい
教科書には本当のことだって書いてあるんだぜ
知らなかったのかい
校舎の屋上は街のどこよりも空に近いこと

 YOU 君のせいかもしれないよ
 YOU 君のせいかもしれないよ
 YOU 僕のせいかもしれない

  JUMP OH JUMP TRY IT AGAIN
  砂漠の向こうに続く海へ
☆☆
  JUMP OH JUMP TRY IT AGAIN
  鉄の扉を飛び越えて

知らなかったのかい
あいつが消えた朝 あいつと同じ道僕ら歩いてた
知らなかったのかい
あいつが消えた今 あいつと同じ道僕ら歩いてる

☆rep

  JUMP OH JUMP TRY IT AGAIN
  砂漠の向こうに続く大地へ

Last Updated on 2020年8月20日 by manager

続きを読む
Back to top button
Close
Close