石田僚子さん追悼10周年記念文集

「校門圧死事件」から『親の教育権』を求めて

神戸高塚高校事件を考える会会員  柴垣 六郎

 「校門圧死事件」・地方行政機関であり、その長が知事によって任命されていながら知事の権限のおよばない独自機関のような文部省の末端機構にあたる兵庫県教育委員会とその実践機関としての学校によって、生徒が殺された事件(「校門圧死事件」)が一九九◯年七月六日起きた。この「事件は」教育管理機構に「一地方の、一学校の、一教師による事故」の扱いを受け、校門を押した教師一人が有罪となった。そしてその教師が学校から追放されて決着した。
 しかし、この事件の二週間後に開かれた「全体保護者会」に出席したことを契機に、学校改革に立ち上がった親たちがいた。もちろん、自分の子どもたちの置かれている現在の高校教育という環境と自ら経験し想像していた学校教育とがあまりにかけ離れていたとうショックもあった。だが、それだけでなく、憲法や教育基本法の基での民主教育が戦後の闘いのなかで曲がりなりにも民主主義的方向に沿って深められていっていると考えてきていたものが幻想であったと気がついたと言うべきかもしれない。第一回全体保護者会が与えたインパクトは親たちにとって強烈であった。
 改革のために立ち上がった親有志の呼びかけで、「神戸高塚高校事件を考える会」が翌年の春誕生した。そして、労働運動は経験していても、教育委員長と教育長の違いも分からない親たちの運動のための模索が始まった。まず、学校に二つある組合の教師たちとの話し合いを持ったり、教育に関する学習会を重ねたりした。こうしたなかで、「校門の保存と碑の建設を!」をという署名に取り組み、教育委員会に提出したり、公文書公開請求に取り組んだりした。これらの闘いから「会」誕生のきっかけとなった「第一回全体保護者会」の録音テープ公開のための闘いが始まった。

1 2 3次ページへ
続きを読む

関連記事

Back to top button
Close
Close