石田僚子さん追悼10周年記念文集

からだがふるえたあの日から十年

ー自壊と外圧により解体へと向かう教育工場ー

田中 英雄

 高塚高校の生徒圧殺事件を思い出す度ごとに心が痛む。哀れにも教師の手によって鉄とコンクリートの間に頭をつぶされて亡くなった女生徒の断末魔の苦しみや、「教育」に熱心のあまり想像もせぬ殺人に至ってしまった教師の驚愕、その後の学校関係者の沈静化と根本的解決の一切を無視した事件収拾のためだけの策動。どれ一つとっても心おだやかに想い起こすことなどは出来ない。
 この十年、この事件の背景にあるものを自分なりに考えてきた事を書きあらわしてみた。
 事件当日、あまりの衝撃にからだがふるえた。「教育」が永年その名の下に子どもの「本質」を押し殺して変形させて来たのだが、遂には具体的いのちまでも犠牲にするほどにひどくなっているとは!私事で申し訳ないが、かつて息子の高校の入学式に行ってきた妻が校長の挨拶に腹を立てて言っていた。「高校は義務教育ではありません。勉強する気がなければ来なくてよろしい。なんてよく言えるは!」小学校にしろ、中学校にしろ、子どもたちが充分に遊び、心が開かれ、知に目覚め、教師たちとの出会いを喜び、未知なるものに胸をふくらませて入学してきているなら、そんな突き放すような雰囲気も「檄」として納得も出来るだろう。しかしどうだろう。小学校三年生ぐらいから急激に過重な知識のつめ込みを行い、子ども自身が自己の独自性を発揮することに恐れを感じさせ、無邪気に自己を開放してしまう人間には集団としての「いじめ」の陰湿な冷水を浴びせられることもしばしば。一番上の娘に、後年中学時代の授業の感想を聞いた時、彼女は言下に言い放った。「授業というものに何の期待も持てなかったわ。」と。その高校の校長は、入学して来た若者たちが小学校や中学校時代に経験してきた「いじめ」による心の傷や無味乾燥な授業に対して持っている思いを分かっているであろうか。それとも、入学して来た者たちの学習能力に関するデーターのみが気がかりだったのか?妻が腹をたてるのは恐らく彼女が高校時代に経験した納得出来ない悲しい学校の教育方針と重なるからだろう。彼女がすごした高校は全国でもいち早く能力主義学級編成を採用したところだった。田舎の中学校で共にすごした者たちが学習能力のちがい丈で別々のクラスに分けられていく事のなんとも言えない淋しさと非人間性。その事に悲しみ、からだで反抗し「生きるって何なの?」と問う彼女に「そんな本質的問いは今は邪魔だ大学に入ってから考えたら」とばかりにあしらい、それを無言で認める仲間たち。

1 2 3 4次ページへ
続きを読む

関連記事

Back to top button
Close
Close