石田僚子さん追悼20周年記念文集

事件を風化させないために

青木 佳史

 命を大切にする教育を求めてあの事件に声を上げてから、もう20年になるのですね。でもずいぶん前のことだという感じはしません。この20年で、学校は変わった、子どもを取り巻く環境は変わった、という実感できないからかもしれません。
 当時問題としていた高校間格差や力による管理は、解消されたように思えませんし、むしろそのような状況が社会全体に広がってしまったのではないか、子どもたちに託せる未来を示せないのではないか、とも思います。
 あの事件を風化させず、貧困や地球環境の課題を含め、私たちの社会を未来あるものに、引き続き努力していくことを誓い合いたいと思っています。

(あおき・よしふみ 弁護士)

続きを読む
Back to top button
Close
Close