高塚高校の十年をふりかえって

高塚高校教諭  高橋 智子

生徒数 学級数 学級定員 教員数(含校長・教頭) 常勤講師 非常勤講師 備考
S.59 376 8 47
60 796 17 47
61 1,254 27 47
62 1,396 30 47
63 1,492 32 47 高橋強制配転で着任
H.1 1,544 33 47
2 1,547 33 47 62(-1) 4(+1) 8 -1は兵教大 校門事件
3 1,477 32 45
4 1,387 32 40
5 1,320 32 40
6 1,309 33 40
7 1,276 32 40
8 1,227 31 40
9 1,183 30 40
10 1,227 31 40
11 1,231 31 40 64(-3) 2(+2) 6 -2は産休 -1は兵教大(裏付けなし)
12 1,229 31 40 65 1 16 研究指定校と選択科目の増加

 H十一年度は兵庫教育大学の裏付けを講師で取らずに時間講師で潰しているのでH二年度と同じ数の教員だということになる。生徒の数は三百十六人多い。三百十六人といえば四十人学級計算すると、八クラスに相当する。教員の数は一クラスにつき二名の配当なので、十六人分の仕事を被せられていたことになる。お金に換算すると一体幾らになるのだろうか。バブルの時も学校の予算は増えなかった。
 こういう状態であってみれば、目に見える事件だけではなく、何らかの弊害が生徒や教師に被さっていたことは間違いないだろう。一人一人の生徒や教師の気持ち、意見など聞いていては、毎日の学校生活は回らなかったのだ。いきおい管理をきつくし、文句を言ったり、言うことを聞かない生徒や教師は徹底的に潰していくことになる。その結果生徒は退学者や留年者の増加(石田僚子さんの学年は三年生の名簿を見ると、二十四人減っている。)教師は兵庫県内で百人を越す強制配転不服申立人の提訴があった。
 また本採用の数は、H二年度も、H十一年度も六十一人である。H一年度に分会の校長交渉で、せめて定員内の常任講師は本採用にしてほしいと強く言ったが、「そのうち生徒が減るのでそのとき生首を切るのは難しいから、本採用は取れない。」との説明だった。本部からも教育委員会に掛け合ったが、変えなかった。この組合は分裂し、高塚分解も二つになった年だった。あれから十年経ったが、高塚高校は学級が減らず、来年も三十一学級と決まった。西神地区は地震後たくさん家が建ち、いまだに中学生が増えている。学校と地域との話し合いでは、もう一つ高校を増やしてほしいとのことだった。(職員会議で教頭から聞いた。しかし高塚高校では昨年から県外の単位制高校をあちこち訪問し、検討委員会をつくって研究している。単位制になれば、六学級規模になり、教員の配当も多いのだそうだ。進学を目指す普通科単位制高校として蘇りたいようだ。)
 この十年間、管理主義教育は変わらなかった。(例えば、学校では上着を脱いでセーターになるのはいけない。制服を着用すると校則にあるので。)教育条件が基本的に変わらないのに、管理主義教育を止めたら、学校はむちゃくちゃになるのではないかと言う恐れを教師たちは持っている。校門事件以後も県教委は第三学区をそのままにしてきた。今では高校生のみならず中学生や小学生にまで弊害が及んでいる。(西神医療センターの精神科の医者が三年前の講演会で年間百人単位で患者が増え、小学生の患者も出てきたと言っていた。)
 兵教祖の中学校の先生の話では、第三学区は中学生の五十四%しか公立の学校に入れないとか。この解決策が、単位制の高校とか、総合学科の高校とか、受験の機会を二回与えようとかいうことであるらしい。また適正規模は六〜八学級だと言いだし、小さい学校は統合するのだそうだ。第三学区も四校を二校にする計画だと書いてある。(この新議会の委員に高校の組合からは入っていない。)シュミレーションを見ると、最も少なくなるときでも、第三学区の中学生は六◯◯◯人はいる。私学のない田舎のほうでは百%公立高校にはいっているのに、私学のある第三学区の中学生は何時まで経っても競争から免れない。親が失業している子、母子家庭で母親の賃金が十万円くらいの子、地震の借金を抱えている家の子など、もし公立高校に入れなかったらどうするのだろうと思うと、胸の潰れる思いがする。(現在中学二年生の生徒でボランティアで知り合った子がいるのでついその子のことを思ってしまう。)母親は、高校だけは行かせたいといっているが。今でも復興住宅になって家賃を払うようになって生活がしんどくなってきたと言っている。私は教育だけはすべての子どもに保証すべきだと思ってきた。田舎に生まれた子と町に生まれた子で差をつけてはいけない。まして地震で辛い思いをしてきた子どもにこれ以上辛い思いをさせてはいけない。高塚高校校門事件を私はそういう思いの中で整理し、皆さんに訴えたい。国ではなく、市民社会による教育のコントロールが今、必要であると。政治家も組合も役にたたなかった。市民の皆さんに訴えるしかないのだ。
 「門の裁判」に関係していた方々、「高塚高校を考える会」につながる方々には、本当に感謝しています。両方とも裁判に区切りがついた今、新たな展開を期待しています。市民として何を為すべきか、私も一人の市民として共に考え、行動していこうと思います。今後ともよろしくお願い申しあげます。 二◯◯◯・一月十一日
 追記
(一)単位制高校は北須磨高校に決定した。
(二)二◯◯◯年度第三学区の入学定員は四学級減となった。しかし高塚高校は五九名の不合格者を出した。
(三)H十二年度の生徒数は、四月十日現在。H十二年度教員数は、五月二十四日以降を書き加えた。五月十五日

Back to top button
Close
Close