Home / お知らせ / 神戸自由学院の校長をされている田辺先生からメッセージをいただきました。

神戸自由学院の校長をされている田辺先生からメッセージをいただきました。

 ところで、フリースクールの高等部として開校した「神戸自由学院」がやっと兵庫県から「技能連携校」としての指定をうけました。言うならば兵庫県の公認校になったということです。これまでは、単なるサポート校ですから、提携校に出向いてスクーリングを受けなければ、単位が得られず、講師や授業内容に口をはさむことができず、くやしい思いをしてきたのですが、これからは、自前の授業が単位に認定されることになりました。

これまでやってきたフリースクールのオリジナルメニューが全部、高卒資格を取るための単位になるわけですから、やっと「てづくりの教育」「ぼくらの学校」が公的に認められたことになります。秋の七草をさがすことが古文の単位になったり、ヨガを体育に入れたり、子午線ウォークや農業が体験学習の単位に認定されます。これまで通り多様な学びを展開して、それが高校教育に結び付くのですから、フリースクール20年の実践がそのまま生かされて、まことに感無量です。多くの方にご支援・ご協力いただいたお陰で、ここまでこぎつけることができました。本当にありがとうございました。
 といっても国や県から1円の補助もありません。とにかくここのよさを知ってもらいたいから、地道にPR活動を続けていこうと思います。今後ともご支援・ご協力よろしくお願いします。

 それともうひとつ、いま毎月1回、淡路の畑に行ってます。以前にも淡路で5年間くらいコメ作りをさせてもらったのですが、今度は「やさいづくり」です。洲本まで車で行くのですが、交通費は県から補助があって、年内は無料で参加でき、いま参加者を数名募集しています。神戸フリースクール・楽農チームと名付けて、神戸から淡路まで遠足がてら子どもたちと出かけています。
 昨日は、ラディッシュ・フランス産のキャベツ・トマティロなどを植え、カブの間引きをし、間引き菜でさっそく味噌汁をつくり、美味しくいただきました。土地も広く、いろんな野菜に挑戦できるので、月1回程度農に親しみ、ストレス発散したいという方がおられましたら、ぜひご紹介ください。伝言板に載せていただくと、ありがたいです。

よろしく



田辺 克之

Check Also

ヴァイツゼッカー大統領演説「荒野の40年」

Gallery SHIMADA メールマガジン1062号より

□■□2015年2月 Gall …