Home / ホンの紹介 / 『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』

『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』

矢部宏治著 集英社インターナショナル出版 1,296円 

<内容紹介>
なぜ戦後70年たっても、米軍が首都圏上空を支配しているのか。
なぜ人類史上最悪の事故を起こした日本が、原発を止められないのか。
なぜ被曝した子どもたちの健康被害が、見て見ぬふりされてしまうのか。
だれもがおかしいと思いながら、止められない。
日本の戦後史に隠された「最大の秘密」とは?

大ヒットシリーズ「〈戦後再発見〉双書」の企画&編集総責任者が放つ、「戦後日本」の真実の歴史。
公文書によって次々と明らかになる、驚くべき日本の歪んだ現状。
精緻な構造分析によって、その原因を探り、解決策を明らかにする!

<目次>
PART1 沖縄の謎――基地と憲法
PART2 福島の謎――日本はなぜ、原発を止められないのか
PART3 安保村の謎 (1) ――昭和天皇と日本国憲法
PART4 安保村の謎 (2) ――国連憲章と第2次大戦後の世界
PART5 最後の謎――自発的隷従とその歴史的起源

スポンサーリンク

Check Also

『ことばと国家』

『ことばと国家』

田中克彦著 岩波書店出版 19 …