『ことばと国家』

2018年3月21日

田中克彦著 岩波書店出版 1981年刊 778円 

<内容紹介>
だれしも母を選ぶことができないように、生まれてくる子どもにはことばを選ぶ権利はない。その母語が、あるものは野卑な方言とされ、あるいは権威ある国家語とされるのはなぜか。国家語成立の過程で作り出されることばの差別の諸相を明らかにし、ユダヤ人や植民地住民など、無国籍の雑種言語を母語とする人びとのたたかいを描き出す。
[divider]
公庄れいさんからご紹介いただきました。

スポンサーリンク






スポンサーリンク