Home / ホンの紹介 / 『初めて人を殺す』

『初めて人を殺す』

井上俊夫著 岩波書店 2005年刊 1,188円 

<内容紹介>
中国の戦線で、捕虜の刺殺訓練をさせられた著者。以来六十余年、戦死した友の眠る故郷の墓地で、八月十五日の靖国神社で、半世紀近くたって参加した戦友会で。自身の戦争体験や、軍隊、戦争そのものの正体を問い、老日本兵は、歩き、考え、書く。「お前は中国でいったい何をしたのか」、終わらない問いを抱え記したエッセイ集。

所薫子さんからご紹介いただきました。

スポンサーリンク