Home / ホンの紹介 / 『遺体:震災、津波の果てに』

『遺体:震災、津波の果てに』

石井光太著 新潮社 2014年刊 594円 

<内容紹介>
あの日、3月11日。三陸の港町釜石は海の底に沈んだ。安置所に運び込まれる多くの遺体。遺された者たちは懸命に身元確認作業にのぞむ。幼い我が子が眼前で津波にのまれた母親。冷たくなった友人……。悲しみの底に引きずり込まれそうになりながらも、犠牲者を家族のもとへ帰したい一心で現実を直視し、死者の尊厳を守り抜く。知られざる震災の真実を描いた渾身のルポルタージュ。

所薫子さんからご紹介いただきました。

スポンサーリンク