Home / 勝手にシネマ / 『樺太1945年夏 氷雪の門』

『樺太1945年夏 氷雪の門』

監督:村山三男 出演:二木てるみ・藤田弓子 他 制作年度:1974年 

<内容紹介>
終戦間際の1945年(昭和20年)夏、樺太の西海岸に位置する真岡町でも日ソ中立条約を一方的に破棄して参戦したソ連軍の侵攻に脅かされようとしていた(樺太の戦い)。緊急疎開が開始され、婦女子、老人、病人を中心とする避難民は群をなして真岡町(および大泊町・本斗町)の港に向った。8月15日には玉音放送によって終戦が告げられている。疎開船も順次出港したが、疎開民が乗った非武装船三隻が留萌沖で国籍不明の潜水艦によって攻撃され、疎開民のほとんどが犠牲になるという事件も起こった。
8月20日、ソ連軍は真岡町への上陸を開始した。志願して職場に留まり、そのために追い詰められた関根律子ら女性交換手達は、各地で市民が次々と殺害される状況を通信で知り、自らも青酸カリによる自決を選んだ。死に際して、両足を紐で固く結んでいる者もいた。
9人の乙女の像にも刻まれた「みなさん、これが最後です。さようなら、さようなら」が通信最後の言葉であった。

ウィキペディア「樺太1945年夏 氷雪の門」より)

第二次世界大戦などにおいて日本人の一般市民が犠牲になった戦争犯罪については、以下の記事をご覧ください。

 

Check Also

『さなぎ 〜学校に行きたくない〜』

『さなぎ 〜学校に行きたくない〜』

監督:三浦淳子 制作年度:20 …