社会

Do Something

島田 誠

私たちは日本に生き、今を生き、明日へと生きる。
今は連綿と続いてきた過去からの一点。明日へと向かう一歩。
その一歩は、私たちの子どもたちの、その子どもたちの、その子どもたちのための一歩。
その一歩を迷いなく、間違いなく、恥じることなく踏み出したい。
私たちはたんなる観衆や聴衆ではなく当事者なのだ。
良心と保身の間
語りかけるのは自立市民でありたいということ。
40%の良心! でも困るのは、あとの60%が保身ということです。
「良心」と「保身」が半々ならば、身をよじるような煩悶があるはずです。
他国と戦争をするために着々と歩をすすめているように見える今。
「良心」が60%であれば、加担せずに戦うでしょう。
「志をもって」ということは現代ではほとんど「闘う」ということと
同義語ではないか────           今井康之

Do Something=ほんのわずかなことでも 確実に、日々、言葉でも振る舞いでも。みんなで。

Last Updated on 2020年10月12日 by manager

続きを読む
Back to top button
Close
Close