子どもの人権を守るには

藤田 敏則

 子どもが親の虐待で傷ついたり命を失うような事件が最近相次いで報じられています。
 門扉裁判に始まる私たちの活動が20年を迎え、子どもの人権を守るには教育のみならず、 親子や家族のあり方をも今一度問い直したいものです。

(ふじた・としのり ぐるーぷ「生命の管理はもうやめて!」)

Back to top button
Close
Close